昔から日本に伝わるファッションとその着こなし方とは


日本の伝統衣装とも呼ばれる着物

世界から見た日本のファッションというと着物のイメージが大きいことはよく知られています。洋服は立体的に作られて体のシルエットを隠しているのに対して、着物は体のシルエットをだして全体的な美しさを見せているのです。元々着物は衣類全般のことを表していましたが、近年では日本の伝統衣装を表す言葉として使用されています。

着物は和服や呉服などと呼ばれることがありますが、それぞれに特徴や意味があるのです。着物のことを和服と言い換えてもあまり違和感がありませんが、和服は本来綿でできているものをいいます。着物を日常的に着ていた時代では、庶民に手の届きやすい値段である綿が普段着として使われていました。動きやすくまた衛生面からみても、ザブサブ洗うことのできる和服は重宝されていたのです。一方で呉服は和服とは対称的に絹で作られており高価なもので、また呉服の呉は呉の国から伝わってきたことを表しています。

着物の細部や男女の着こなし方の違いとは

着物は帯を必ず結びますが、外出時の帯の結び方には名古屋帯でお太鼓結びをするなど主流がありました。また男性は女性と比較すると袖の下や脇の下に空きができないように着こなしたり、おはしょりを折らないなどの違いがあります。帯を使い着こなしますが着物と帯だけのスタイルを着流しと呼びます。

着物を着たときは草履か下駄を合わせるほか、着物の下には肌の上に肌襦袢を着て次に柄の入った長襦袢、その上には長着を着ます。また女性の正装には振袖や留袖、男性では五つ紋付きがあるなど時と場所、場合により求められる着方や着物の種類があるのです。

ニコチンソルト」は、タバコの葉に含まれる本来のニコチン成分に近い物質を含むものです。これを使用したVAPE用リキッドは、従来のニコチン入りリキッドより濃度が高く、吸収も早いという特徴があります。